Sponsored Link

堺雅人が青柳役として出演した映画ゴールデンスランバーについて

堺雅人さんの主演映画の1つに「ゴールデンスランバー」がありますよね!

役名は青柳(あおやぎ)!釣りが大好きでかつ入った店をランキング化するなどちょっと変わった役柄です。

 

そのあらすじや感想、みどころなんかをお伝えします。

 

堺雅人主演の映画『ゴールデンスランバー』の概要

ゴールデンスランバー

堺雅人主演映画動画リンク集はこちらから(ゴールデンスランバー含む)

 

この作品は伊坂幸太郎さんの小説を原作とする映画です!原作ものを映像化すると賛成派と反対派に大きく分かれてしまいがちです。

ゴールデンスランバーの場合はアンチ派がかなり多いように感じますが…。

 

ゴールデンスランバーのキャスト

こちらの作品でも香川照之と共演しています。

青柳雅春 – 堺雅人
樋口晴子 – 竹内結子
森田森吾 – 吉岡秀隆
小野一夫 – 劇団ひとり
キルオ – 濱田岳
岩崎英二郎 – 渋川清彦
保土ヶ谷康志 – 柄本明
轟静夫 – ベンガル
樋口伸幸 – 大森南朋…晴子の夫
凛香 – 貫地谷しほり
井ノ原小梅 – 相武紗季
小鳩沢 – 永島敏行
近藤守 – 石丸謙二郎…刑事
佐々木一太郎 – 香川照之
鶴田亜美 – ソニン…小野一夫と交際中の女性
鷲津刑事 – テイ龍進
児島安雄 – でんでん…巡査
青柳雅春(整形後) – 滝藤賢一
金田貞義 – 伊藤ふみお
樋口七美 – 北村燦來…晴子の娘
鶴田辰巳 – 鈴木福…亜美の息子
カナエ – 松山愛里…バス停にいた女性
ケンジ – 中林大樹…爆弾テロ騒ぎを知らなかった男
轟一郎 – 少路勇介…轟静夫の息子
カー用品の女店員 – 笠木泉
ウェイトレス – 麻衣
病院スタッフ – 汐見ゆかり
鎌田昌夫 – 吉澤天純…昌太の息子
病院警備員 – 池口十兵衛
岩崎美千代 – 安藤玉恵…英二郎の妻
田中徹 – 波岡一喜
雑居ビルオーナー – 上田耕一
大串 – 芦川誠
矢島 – 木下隆行(TKO)
謎の整形外科医 – 岩松了(※声のみの出演)
鎌田昌太 – 山口良一
青柳照代 – 木内みどり…雅春の母
青柳平一 – 伊東四朗…雅春の父
宮城県警総本部長 – 竜雷太

wikiより引用

ゴールデンスランバーのあらすじ

主人公の青柳(堺雅人)は、しがない宅配ドライバーをする独身男。2年前にアイドルが襲われいたところをたまたま大外刈りで撃退したことにより、ただの一般人でありながら全国的に彼の顔は報道されていた。

 

そんな青柳(堺雅人)はある日、森田(吉岡秀隆)に釣りをしようと誘われる。しかし、それは森田は自身のかかえる借金を帳消しにしてもらう代わりに青柳(堺雅人)を首相の凱旋パレード現場付近に連れてくるという取引のためだった。

 

この結果首相のパレード用の車は爆破され首相は亡くなった。ラジコンヘリによって爆弾を起爆したらしい。

 

思えば青柳(堺雅人)は最近漫画喫茶で知り合った女性にラジコンヘリを誘われていたことなど、不審な点もあった。

 

こんな流れでまんまと犯人に仕立て上げられた青柳(堺雅人)が逃げ回る2日間を描いた作品です。

 

簡単な感想

まず思うことが、なんだか実写化するには不自然すぎる点が多いというか、私が読み取る力が無いせいもあるのでしょうけど、複雑でした。なんか伏線がどこで生きていたのか分からない点も結構あったのでそこを解説してくれる人を横において観たいですね!笑

 

堺雅人さんが映画に出ている姿をひたすら観たい人には良いですよね!こんなに堺雅人さんばかりが映っている作品は他に無いかもしれませんね。

私は原作を読まずに映画を観たのですが、映画を観たあとには原作を読みたくなりましたね。そうすると、映画のキャストでセリフを脳内再生出来て良いですしね。

 

演出については、若干のコメディ要素があってよかったですね。青柳のお父さんのあたりは特に!笑

 

ゴールデンスランバーのレビューいろいろ!

Sponsored Link

 

いろいろとレビューはありましたが、良い意見・悪い意見と色々とありました!

 

ほめてるレビュー

まず挙げられていたのが、『良い意味で複雑な映画だった!』という意見がありました。伏線がひとつにまとまらないことも良かったとのことです。これは、私が読み取る力が無かったわけでは無くってそもそも私たちにゆだねられていたということでしょうか。

 

 

また、映像の迫力があった!という意見も多数。国内のこういったタイプの映画ってそこまで迫力のある映像が無い場合も多いですが、今回の作品では爆発シーンなどに迫力を感じた人も多かったのではないでしょうか。

 

原作と違った!というアンチは多いですが、「2時間という中で作品を作らないといけない制約がある中で原作全てを網羅することは無理!でもその中で工夫しながら上手くまとまっていた」といった優しい意見もありました。

 

 

本編とは関係ないですが、「大学時代のあま〜い回想シーンがあってはやく大学生になりたいと思った!」という感想も!笑 それはもっとキャンパス系のドラマの方が良い気も…。

 

 ほめてないレビュー

逃亡シーンの時の音楽が緊張感にかけていたという演出に関する部分でのマイナス意見はありましたね。

 

また、

なるほど、と思えなかった。「黄金のまどろみ」の意見も分からなかった。などといった、話の構成というか、伏線の意味が分からなかったという趣旨のマイナス意見が多数ですね。

 

ここで賛否がわかれますよね。

 

 

まとめ

伏線を理解できるかどうか!

まあまずは観てみるもよし、原作から入るもよしですね!

 

 



おすすめコンテンツ

ピックアップコンテンツ

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ