Sponsored Link

堺雅人が保健所の犬と向き合う映画ひまわりと子犬の7日間の概要

堺雅人さんの出演映画作品『ひまわりと子犬の7日間』があります!

 

保健所で犬を殺処分する業務を担当する苦労と、それを仕事としている父に理解を示せない娘が繰り広げるストーリーとは!?

詳細をチェック!

 

ひまわりと子犬の7日間の概要

ひまわりと子犬の7日間の堺雅人
堺雅人出演映画の動画リンク(完全無料)はこちらから

 

 

こちらの映画でも主演をつとめる堺雅人さん!

舞台となったのは、なんと堺雅人さんの実家もある宮崎県です。

 

「クヒオ大佐」などの作品と同様に、実際に起こった話をもとにして作品が作られています。

 

飼い主のいない犬の殺処分という重たいテーマで映画作りをするということで、脚本はかなり苦労して歓声させた作品だそうです。

 

あらすじ

堺雅人と子犬
堺雅人出演ドラマ動画リンク(完全無料)はこちらから

 

 

 

主人公である神崎彰司は、妻に先立たれてからはずっと、男でひとつで娘を育てて来たシングルファーザー。

 

彼は、保健所の職員として働きながら、娘との暮らしを送っていました。

 

 

ある日のこと、神崎(堺雅人)は、自身の子犬を必死で守ろうとしている母犬に出会います。

その母犬は、かつて優しい老夫婦に育てられていたのですが、老夫婦がいなくなった後はひとりぼっちで暮らし、出産もひとりで。

その結果、現在では人間に対する警戒心もかなり強くなっていました。

 

 

そんな境遇の母犬を見て、神崎(堺雅人)はこの母犬と子犬を守っていく!

と決意を固めます。

 

しかし、犬が保健所に保護されてから殺処分されるまでの間はわずか7日間。

母犬と子犬の面倒を見てくれる家を必死で探す神崎(堺雅人)。

 

ついには、7日間という保護期間の規則を破り…。

 

 

また、神崎(堺雅人)の娘は、彼の仕事に厳しい態度をとります。

動物を殺処分するような仕事をする父親に対して娘は正直な態度を。

 

その娘からも、母犬と子犬の飼い手を見つけてほしいと懇願される神崎(堺雅人)…。

果たして神崎(堺雅人)と母犬(のちに『ひまわり』と名付けられる)、子犬の運命は!?

 

ひまわりと子犬の7日間を観た人の感想

Sponsored Link

 

この映画を鑑賞した人のほとんどがこのように感想を述べています。

 

  • 犬を飼う責任を感じることができる
  • 犬を飼おうとしている子供に必ず見せたい

 

動物の殺処分という、生物の命に関する非常に重たいテーマの内容ですが、、

そのテーマの重さが評価の対象にもなっているようです。

 

この映画のもう1人の主人公

つぎに多い感想は、

「神崎(堺雅人)ではなく、この映画のもう1人の主人公はひまわり(母犬)である。」

というものです。

 

犬にも犬の人生がある。

 

人間の勝ってな都合で捨てられてしまう動物たちを代表しているのが、今回の映画のひまわり(母犬)だ!ということですね。

 

まとめ

ひまわりと子犬の7日間という映画は、保健所で働く主人公と、飼い主が居なくなり自身の子犬を守ろうと必死の母犬との物語!

犬などの生き物の命をテーマにしているこの作品では、そのメッセージ性の強さからも、評価が高いようです。

 

犬など、ペットを飼うと決めた際には、飼う前に必ず観てもらいたい作品ですね。

 



おすすめコンテンツ

ピックアップコンテンツ

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ