Sponsored Link

堺雅人と本郷奏多共演のヒミツの花園ってどんな話!?

本郷奏多さんというと、GANTZなどの映画にも出演していた若手の俳優さんです!

 

彼も以前(はるか昔)に堺雅人さんと連続ドラマで共演したことがありました。

『ヒミツの花園』というドラマだったのですが、その詳細をお伝えします!

 

堺雅人と本郷奏多のドラマ共演

本郷奏多
堺雅人出演ドラマ動画リンク集はこちらから

 

 

 

ここ数年で多くのドラマや映画で観るようになった本郷奏多さん。

今ではひっぱりだこですが、その本郷奏多さんさんがブレイクするきっかけとなったのが実はヒミツの花園という作品!

 

この作品では、本郷奏多さんは堺雅人さんの弟役として出演しています。

弟とは言っても、年の離れた兄弟の設定で、堺雅人さんは33歳の役で、本郷奏多さんは18歳の役でした。

 

放送時間は22時〜23時という遅めの時間帯の放送でしたが、視聴率は毎回10%越えということで一定の人気は保っていた作品です。

 

本郷奏多さんってどんな人?

本郷奏多さん
堺雅人と菅野美穂は離婚の危機!?と多くのファンが危惧するそのワケ

 

本郷奏多さんの基本プロフィールは以下のとおりです!

  • 生年月日:1990年11月15日
  • 年齢:23歳
  • 出身地:宮城県仙台市
  • 血液型:O型

 

俳優業よりも先に、キッズモデルとしての活動が初のお仕事。

そもそもは、ジャニーズの公開オーディションを受けて落ちてしまったため、現在の俳優としての道に進んだようです。

 

初主演の時期は堺雅人さんよりも早く、2005年に公開された映画『HINOKIO』で主演でした。

 

堺雅人と本郷奏多が共演したヒミツの花園の詳細

Sponsored Link

 

堺雅人さんと本郷奏多さんの最初で最後の共演作品となっているこちらの作品ですが、主演は釈由美子さん。

 

コメディ調のドラマに出演することは珍しい彼女ですが、このヒミツの花園という作品はコメディという分類です。

 

あらすじ

主な登場人物は以下の通り!

  • 月山 夏世(釈由美子):主人公
  • 片岡 航(堺雅人):4人兄弟の長男
  • 片岡 修(池田鉄洋):4人兄弟の次男
  • 片岡 智(要潤):4人兄弟の三男
  • 片岡 陽(本郷奏多):4人兄弟の4男

 

主人公の月山(釈由美子)は、自身の人生に劣等感を抱く性格。

雑誌の編集社に務めていたが、自身の担当の雑誌が廃刊になるということで仕事が無くなってしまい、自分のまったく興味の無い分野であった少女漫画の編集部。

 

そこで、超人気漫画家である花園ゆり子の担当となった月山(釈由美子)であったが、この人気漫画家にはとんでもないヒミツが…。

 

花園ゆり子と名乗る女性は存在せず、その正体は4人の兄弟が役割分担して漫画家の仕事をこなしていたのです!

  • 長男:背景担当
  • 次男:人物担当
  • 三男:営業担当
  • 四男:ストーリー担当

と、漫画に必要な役割を分担して協力して人気漫画をつくりあげていました。

 

ヒミツの花園での堺雅人さんの役柄

堺雅人のヒミツの花園

堺雅人さんが演じるのは、背景担当の長男!

 

メインヒロインである月山(釈由美子)と恋愛関係になり、結果交際することとなる準主役ですね。

 

堺雅人さんにぴったりのにこにこした長男役で、キレる時はまじぎれするタイプです。

 

優しい笑顔の裏には暗い部分もあり、父が盗作していたということを兄弟で長男(堺雅人)だけが知っています。

 

長男である自分が兄弟を守るべきだと、両親がいなくなってからは自分が両親のかわりになろうと美大をやめて必死で兄弟の世話をしていきます。

 

ヒミツの花園での、本郷奏多の役柄

本郷奏多

本郷奏多さんはストーリーを担当する四男役!

 

兄弟の中で自分だけが血のつながりを持たないという事実を最終的には知ることになるつらい役です。

ストーリー担当ということで、話を作る力や人間を観察する能力はピカイチ!

 

人の行動や言葉から、その人の性格を見抜くことができる、兄弟の中では最年少でありながらクールに頭のキレる役柄です。

 

四男ということもあり、人見知りな性格。

 

その他のキャストの役柄

釈由美子演じる月山

ヒミツの花園の釈由美子

お願いされると断れない少し損な性格の持ち主。

 

恋愛に関してはかなり奥手のため、これまで経験はかなり少なかったが、片岡家の長男(堺雅人)に次第に恋心をもつようになって最終的にはお付き合いすることになります!

 

要潤演じる3男

ヒミツの花園の要潤

花園の営業担当ということで、かなりのコミュニケーション能力と交渉術を持っている人物。

 

少女漫画には欠かせない「恋愛経験」が兄弟の中で最も豊富で、漫画の内容についてもアドバイスできる貴重な存在。

そのことを大きく主張して、自分には能力があるように振る舞っているが、他の兄弟には自分には無い別の才能がありそれをうらやましく思っているという一面も持ちます。

 

主人公の月山(釈由美子)に恋心を抱くが、彼女は長男と結ばれるため彼の恋は成就しなかった。

 

池田鉄洋演じる2男

ヒミツの花園の池田鉄洋

ホントは少年漫画をかくことに憧れていたが、花園では少女漫画のメインイラストを担当。

画力が非常に高く、オタクな一面もあるが、自身のことをオタクとは認めない自称クリエーター。

 

主人公の月山には一切興味を示さない模様。

 



おすすめコンテンツ

ピックアップコンテンツ

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ