Sponsored Link

リーガル・ハイ(シーズン1)第3話のあらすじ&感想広場

リーガル・ハイ(シーズン1)の第3話に関するあらすじ紹介と感想広場です。

 

がに股の黛にも大学生の時代が…。
黛の対戦相手は、、黛の初恋の人!?

 

一方古美門はと言うと、、、
テレビ映りについて研究中!

 

 

感想については、閲覧した方がご自由にコメントを!

 

シーズン1の3話のあらすじ

黛と古美門がそれぞれ別の裁判を戦います。

 

主な登場人物

  • いつもの人たち
  • 井出くん
  • 相沢先生(黛の初恋相手)
  • ストーカーの容疑がかかった青年
  • ストーカーされたとされる女性
  • 野球ファンのおばちゃん

 

今回の古美門の対戦相手

今回の古美門の対戦相手は、、三木法律事務所の若きエース井出くん!

まあ、彼のキャラ的に結果はかなり予想がつきそうですが…

 

あらすじ①(概要)

今回の訴訟は2つ

  • ストーカー青年が、相手の結婚式に乗り込み、花嫁を連れ去るというなんともロマンチックなお話。黛と相沢先生(黛の対戦相手)が裁判で対戦!
  • 球場で汚い野次を飛ばしたことで球場を追い出された、野球ファンのおばちゃんが球団を訴えた!古美門と井出くんが対戦!

 

この2つの事件が並行して進む。

 

ストーカー訴訟

黛は、容疑者の青年から話をききますが、その特徴はストーカーそのもの。

 

黛はクライアントを信じて守る立場のハズですが、、ヒアリングのあと
それをストーカーというんですよね?
と服部さんに相談してしまうほど…。

 

おまけに、裁判の相手検事が大学時代の憧れの先生であったため、意識がその先生に向いてしまう。

 

野球球団訴訟

球場を追い出されたから、慰謝料1千万

こんな無茶な要求をして球団を訴えた古美門とクライアントのおばちゃん。

 

1千万はあまりに非常識な額と誰もが思ってしまうような額。

 

井出もこの要求を聞いてかなり余裕の表情だ。

 

そして、その無茶な要求をしている古美門もまた余裕の表情。

 

果たして、どちらに軍配があがるのか…!?

 

あらすじ②(裁判バトルの結果)

この2つの裁判の1勝1負!

 

ストーカー訴訟

始めはクライアントを信じきれなかった黛だったが、裁判のため調査を進めるにつれて、青年の主張が正しいのではないかと考え、証拠を集める。

 

しかし、最終的にはクライアントの希望で裁判で負けることを選んだ。

 

野球球団訴訟

古美門の圧勝。

これ以外に言うことは無い。

 

あらすじ③(古美門と黛について)

黛は、大嫌いな古美門に裁判のアドバイスを求めようとするが、断られてはいたが、

 

黛に対して、少しずつアドバイスをする古美門。

最終的に裁判に負けた黛に向かって「クライアントの意思で負けたから免責にしてやるぜ!」って感じで許してもらえたので古美門事務所で引き続き働くことができちゃう。

 

>>リーガルハイのあらすじ感想&広場はこちらから



おすすめコンテンツ

ピックアップコンテンツ

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ