Sponsored Link

リーガルハイの沢地君江の三木との関係とは!?

リーガルハイのシーズン1からレギュラー出演の沢地君江さま!

 

三木にフルーツを食べさせてあげるシーンなどがあったシーズン1を観て、

この2人の関係はなんなの!?と思った方も多いのでは!?

 

しかし、最終話には沢地の本性が明らかになりましたね!

 

沢地君江の基本プロフィール

リーガルハイの沢地君江
リーガルハイの三木長一郎に関してはこちらから

リーガルハイにシーズン1の1話目から登場し続けているレギュラーキャラクター!

 

三木の秘書というポジションで、外出時には三木の横にピッタリとくっついています。

 

  • 名前:沢地君江
  • 年齢:35歳
  • [俳優さん:小池栄子さん]

 

ということで、、

意外と年いってますね…!笑

 

しかし、ヒロインポジションの黛が色気の無い設定になっているので、

この沢地さんがお色気お姉さんの役割をしっかりと果たしていますね。

 

古美門も沢地に対して発情することは多々…。

(沢地にもらったメモのにおいをかいだりするし 笑)

 

三木長一郎とは、単なる秘書と社長の関係なのか、男女の仲なのかは分かりません。

お互いに、信用し合ってはいないような雰囲気ではありますが、、

 

物語のスタートは沢地から?

リーガルハイの沢地君江
リーガルハイを含む堺雅人出演ドラマの動画リンクはこちらから

 

リーガル・ハイの1期のスタートは、古美門と黛が出会い一緒に裁判を戦うところからです。

 

この2人を引き合わせた人物がこの沢地君江!

 

始めは、三木法律事務所に所属していた黛真知子。

2年間も裁判に姿を表さない古美門を表舞台に引っ張りだすために、沢地君江が彼女を利用して古美門をまんまと裁判におびき出します。

 

黛は自分が利用されているとも知らず、沢地に知らぬ間に誘導されて古美門事務所へ!

結果として黛はその後もずっと古美門法律事務所に居座ることを決めて三木の事務所をぬけました。

 

沢地君江の本性と三木との関係

Sponsored Link

 

秘書ということで、常に三木の行く先について行く沢地君江さん。

 

シーズン1の7話では、蟹頭村の温泉に三木や井出と一緒に入っているほど。

しかし、井出の扱いはかなりてきとー。

 

古美門のことは男として全くみていないが、三木とは指先をあてながらいちゃこらしている場面やフルーツを食べさせて上げている場面もありますが…。

 

色々と疑惑はありましたが、
沢地が三木にべったりな理由はシーズン1の最終話で分かりました!

 

沢地が三木や古美門に関わる理由

リーガル・ハイシリーズでは、毎回最終話に秀逸なオチをご用意。

シーズン1では、古美門と三木の因縁の原因が実はハムスターだったというおはなしです。

 

これを知って黛は驚愕!というかどうでもよくなった様子。

しかし、沢地君江はこの事実(さおりさんがハムスターという事実)を知っていたにも関わらず、怒る三木に同情するそぶりを見せながら、古美門との争いを焚き付けていました。

 

困惑する黛に対して

「私は、、男の喧嘩が好きなの。」

と軽く言い放ちます。

 

そう!

彼女はただそれだけの理由で三木や古美門に絡んでいたのです!

 

実は最も謎の多いキャラクターなのかもしれません…!

 

 

沢地君江の正体は…?

沢地君江はただの秘書かと思ったら大間違い!

戦闘能力もおそらくリーガルハイレギュラーメンバーの中では、最も高いですね。

 

シーズン1の6話では、沢地を尾行していた加賀欄丸を見事に撃退します。

 

それ以降、欄丸は沢地のことを警戒しています。

 

気まぐれの沢地

沢地は三木法律事務所に所属している秘書ですから、

三木の事務所にとって不利になるような情報は隠すべき立場ですが…

 

古美門サイドに情報を流すことがちょこちょこ。

 

まあ、これが三木の策略である場合もあるのですが…

古美門サイドが沢地のおかげで裁判に勝利できたパターンもあります!

 

沢地がこういった不可解な行動をとる理由もシーズン1の最終話の一言で分かっちゃいますよね。

単純に古美門と三木に争い続けてほしいというだけ!笑

 

シーズン2では三木同様にかなり大人しかったので、今後のシーズンではどのような活躍をしていくのでしょうかね!

 

>>リーガルハイ徹底攻略コンテンツはこちらから



おすすめコンテンツ

ピックアップコンテンツ

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ