Sponsored Link

堺雅人の大河ドラマ2016真田丸主演情報!半沢よりnhkは正解か

2016年(平成28年)のNHK大河ドラマ「真田丸」に主演で出ることが決定していますが、その詳細情報についてです。

このせいで半沢直樹の続編は2017年までは無くなったといわれていますが、その選択は果たして…!?

 

 堺雅人さんがNHK大河2016主演決定!

堺雅人の大河ドラマ
堺雅人出演の大河ドラマ『新撰組』の動画はこちらから

 

 

堺雅人さんが真田丸の主演に決定した時のニュース映像はこちらから!

「 皆様と共に戦国時代を旅することを心待ちにしています。」

というコメントが超オシャレですよね!

 

堺雅人さんの大河出演は3度目!

堺雅人さんがNHK大河ドラマに出演するのは今回で3回目となります。

  • 2004年の新撰組!
  • 2008年の篤姫
  • そして今回決定した真田丸

ということですね。

 

特に新撰組の時に堺雅人さんの名前が広く浸透したと言われていますから、大河ドラマって偉大ですね。最近衰退気味のNHK大河ドラマを復活させられるのは堺雅人さんしかいない!

 

各大河ドラマでの役柄を軽く紹介しておきますね。

 

新撰組!での堺雅人さん

こちらは1話から33話までの登場である「山南敬助」役です。

主演の近藤勇役である香取慎吾らと共に0から新撰組を発足して切腹するまでの間は毎回出演します。

33話の山南さん(堺雅人さん)が切腹する話に関しては大河ドラマとしては異例中の異例である年末再放送を決行するほどに人気の話となりました。

 

非常におちついた人格の役柄で堺雅人さんがのほほんと微笑む姿がよく流れていました。

 

篤姫での堺雅人さん

ヒロインは宮﨑あおいで、堺雅人さんは徳川家定役として出演しました。

こちらの作品でも堺雅人さんが演じる役の人は死んでしまいます。なんとこの篤姫では、死んだ後に幻影として出演するという大河ドラマでは珍しい展開に。

こちらも堺雅人さんをもう一度出演させてほしいという声が多かったという噂もあります。

 

真田丸での堺雅人さん

今回はとうとう真田幸村として主演での出演が決定しています。軍師黒田勘兵衛もそこまで人気が上がっていなかったこともあり、半沢直樹で大ブレイクした堺雅人さんが主演をつとめる2016年のこの作品にかなり注目があつまっているようです。

脚本が三谷幸喜さんということで新撰組!の時にも一緒に仕事をしていた組み合わせです。

なんでも主演には三谷幸喜さんが堺雅人さんをゴリ押し(推し?)したという噂もあります。

 

こちらはまだ放送されてからのお楽しみですね。

 

細かな堺雅人さん演じる真田丸の情報

Sponsored Link

NHKが堺雅人さんを主演として起用するに至った理由や、真田幸村がいったいどんな人物であるのかなどを詳しく調査!

全部で50話もある大河ドラマにする堺雅人さんの役柄に迫ります。

 

NHKが堺雅人さんを選出した理由

まず一つ目に挙げられたのが、真田幸村のキャラクターと堺雅人さんのイメージがぴったりであるということです。真田幸村というと赤い鎧を身に纏い、熱血漢の若い無精というイメージが一般人の印象であると思いますが、NHKサイドはそのイメージが堺雅人さんにぴったりであると言います。

 

これはおそらく、半沢直樹の影響が大であると感じますね。

あのような真面目で仕事に対して熱意のある役柄を評価したようです。

 

2つ目は、堺雅人さんと三谷幸喜さんとの信頼関係がすでに出来上がっているということです。

脚本の人のことが理解できないとよい大河作品に仕上げることは出来ない!といった内容で、三谷さんのゴリ推しは確かにあったのでしょうね。

 

あとの理由はやはり主演男優賞を受賞しまくったことだと思います。人気度の高い俳優さんを選出することは当然のことですが、これまで人気が急上昇した役者さんをうまく起用できたことって少ないですから、堺雅人さんを獲得できてガッツポーズですね。

 

堺雅人さんが出演することを決意した理由

まず挙げられるのが、堺雅人さんは半沢直樹の続編をすぐに撮影することにはあまり乗り気では無い!?ということですね。俳優さんの人気って作品の人気度で決まってしまう面もありますから、こういった形で続編を作って失敗した例をたくさん知っているのでしょうね。
ですから、ほとぼりが冷めるまでは大人気だった半沢直樹のことは保留にしているようです。

 

また、大河ドラマの主演になったという肩書きが手にはいることも大きいと言われています。NHK大河での主演ギャラは民放と比較した際に非常に安いものですが、そのかわり「あの大河ドラマで主演」と噂されるようになるとのこと。

現在では大分大河の威力はなくなってきているように感じますから、それはただの憶測では無いかとも思いますね。

 

堺雅人さんの意気込み

堺雅人さんは主演決定時のインタビューに対して以下のようにコメントしています。

真田信繁について僕は、49年の生涯のうち、さいごの1年間に人生の輝きのほとんどが集中しているイメージをもっています。「真田幸村」としてこれだけ有名な人物にもかかわらず、大坂城攻防戦以外の、大部分の時間が歴史にうもれていている気がするのです。
けれども逆にいえば、それだけ想像の余地があるわけで、その空白の時間を三谷さんがどう描くのか、どんな新しい人物像がうまれるのか、たのしみで仕方がありません。撮影はまだまだ先ですが、皆さまとともに戦国時代を旅することを心待ちにしています。

すでに真田幸村を演じるためのイメージを作り始めているといった感じがしますね。

堺雅人さんが鎧をまとって戦場を駆け回るシーンなどは想像ができませんが、どのような作品になっていくのか非常に楽しみですね。

だって堺雅人さんって運動が大の苦手って公言していますからね!なんだか今回のような役柄に抜擢されるなんてかなり以外でした。

 

>>当サイトのおすすめコンテンツはこちらから



おすすめコンテンツ

ピックアップコンテンツ

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ